世界に誇れる伝統文化「着物」

WELLCOME

着物の遷移

着物は日本が世界に誇れる伝統文化で、長い間受け継がれてきたモノです。
現在の日本では日常に着物を着る事はほとんどなく、洋服を着る人がほとんどですが、 特別な時には着物を着る等、
日本人に今でも愛されている物です。それは単に着物が美しいと言う理由からでは有りません。
昔からの名残がある為か、着物は私達日本人の生活や文化に馴染みやすいと言う理由、
日本人の体型や顔立ちに良く合っていると言う理由、日本の四季にも合っていると言う理由が挙げられます。

着物を着ていた時代を知らない人達から見たら、着物は単なるファッションの一つにしか見えないかもしれませんが、
着物の歴史や変遷を理解してみる事で気持ちもこもり違った目線で捉える事が出来て、
着る時にも気持ち的に変わるかもしれませんし、愛着も沸くかもしれません。

着物の事を普段私達は「洋服」に対して「和服」と呼んでいますが、世界的には「Kimono(きもの)」
と言う言葉で伝わっています。

元来着物は「衣服」または「着る物」と言う意味があり、それを詰まらせて「着物」と言う様になったと言われています。

着物のルーツは平安時代の事と言われており、袖が小振りの物で対丈と言って着物を着た時に丈が調度いい長さの物を
小袖と言いますが、その小袖が着物の始まりだと言われています。

その小袖から今までの着物のルーツを見てみると色んな変遷を繰り返していますので、
それを見ているだけでも楽しいと思いますよ。

 

 

link


町田デリヘル人妻最後の砦町田店
町田デリヘル待ち合わせデリヘル
横浜デリヘル
横浜ソープ
横浜風俗求人

 

着物にチャレンジ
着物を着てみたいと思っても、実際に何から手を付けたら良いのか分からないと言う方が多いと思います。

とりあえず手始めに自分の周りにいる人達を見てみて下さい。親兄弟、親戚、知り合い、友達等々色々いると思います。
その中に着物のイメージがある人はいるでしょうか。いつも着ている人でも、冠婚葬祭の時だけに着ている人でも、
何でも良いです。自分で着物を着ている様な方を見つけてみましょう。

もしもそんな方が身近にいるとしたら、着方を教えてもらう事が出来ます。また、身近な方がもし着物を持っているとしたら、
もしかすると貸してもらえるかもしれません。こうなるとグッと着物を着るチャンスは高くなると言う事になります。

そんなに簡単かな。と考える方もいると思いますが、着物を好きで着ている方にとっては、
着物に興味を持ってもらえる事を嬉しく思う方が多いと思います。ですから、興味を持って聞いてみると
親切に教えてもらえる可能性はグッと高くなります。結構親切丁寧に教えてくれるものですよ。
その人たちが直接教えてくれなくても、教室なり知り合いなり、何かしら手掛かりになる様な事は教えてくれると思います。

ですから、着物を着たいと思ったら、取り敢えず身近な方達にぜひ聞いてみてはいかがでしょうか。
「最近、着物を着てみたいと思うんだけど、何から手を付けたらいいのかしら」と聞いてみてください。
そこから着物を着るまではきっとあっという間ですよ。

着物を着ようと思っても自分で着る事が出来ないので、なかなか着る機会も減ってくると思います。
着物を着るならば着付けが出来る様になれば、好きな時に着れますし誰かに着付けをしてあげる事も出来る様になります。

着付けを教えて貰う場合、先ずは身近なところで親戚や友達、知り合いに出来る人がいたら教えてもらうと良いと思います。
しかし、着付け教室に習いに行くとしたらちょっと不安要素も有りますよね。「色んな物を買わされたりしないか」
「授業料が高いのではないか」「本当に着られるようになるのか」等不安は尽きないと思います。

でもそんな事ばかり考えていたら、いつまで経っても着物が着られる様にはなりません。

着付けは教室で習う事も出来ますし、独学でも出来ます。安心なのは教室に通う事かもしれませんので、
どうしたら良いか迷った時には教室に通ってみると良いでしょう。教室には無料の所も有料の所も有りますので調べてみましょう。
時間も場所も決まっているので定期的に着物に触れる機会が多くなり、親しみやすくなりますよ。

とは言っても大切なのは、習う事より実践です。積極的に着る機会を増やすと、
自然に着物も着る事が出来る様になってくるでしょう。

着付けの練習をする時には、最初から着物で行うのではなく浴衣から始めた方が良いと思います。
そこから徐々に着物に移行していくと良いでしょう。また、教室に行くのに着物が無いと言う方は着物を
貸し出してくれる教室を選ぶと良いと思いますよ。


 

着物の歴史
着物が着られる様になった最初の頃の着物とは、太めのズボンみたいな物と、
上は丸首タイプで左を上にして合わせる物と組み合わせて着ていたと言われています。
たとえば埴輪の様な物と言ったらイメージ付くかもしれません。

女性の着物も男性とあまり代わりは有りませんが、下はスカートの様な物を着ていた。と言われています。

帯も最初は今みたいな物ではなく、賎機と言う物で結んでいたそうです。

元々は朝鮮や中国の文化に高い影響を受けた着物スタイルでしたが、平安時代に入り十二単の様な、
袂も広がってきたり、裾も広がってきたりして今の原型とも言える着物の形が出来上がってきたそうです。

それが鎌倉時代に突入すると、公卿(くげ)の中でも一番低い身分の人達が着ていた着物を、
武家が最高の礼服として着るようになりました。更に女性達の着物もだいぶ簡略化されるようになり、
袴になったり腰巻になったり湯巻きになったりと大分活動もしやすい様な格好になったと言われています。
この時に打ち掛けと言って、小袖の上にもう少し丈が長くなった小袖を羽織る様な感じの物も出てきたと言われています。

そんな変遷を辿ってきた着物も、安土桃山時代、江戸時代になると豪華絢爛な物が出て来る様になったそうです。
小袖部分の袖口が大きくなった物、袖丈が長くなったもの、模様や色彩も色鮮やかに工夫されてきました。
また生地も羽二重になったりして豪華さの極みに達する様になったそうです。

それが歌舞伎の影響も受けての事らしくて、歌舞伎で使われた着物の模様や色彩が大流行したとも言われています。